smile...うちにある こどものためのもの


記事の内容

前へ | 次へ

ブリオ社(BRIO)の木製レール
2005/09/03 01:35

画像

子供はみんな大好きな木製レールセット。
木製レールで有名なのはやはり
スウェーデンの木製レールメーカーである
ブリオ社(BRIO)とミッキィ社(MICKI)でしょう。

ブリオとミッキィで悩むご家庭も多いと思いますが
我が家ではブリオをチョイスしました。

ブリオもミッキィもとても良いおもちゃなので
お好みで選べば良いと思うのですが
参考までにブリオ社とミッキィ社の違いを書いてみます。

ランキング参加中。
応援の1クリックをぜひお願い致します★


散らからない部屋の作り方、教えます
ヒバリ舎-整理収納でシンプルライフ
http://hibarisha.com/


まずレールですが、ジョイント部がブリオは木製でミッキィはプラスチックです。ブリオのジョイント部はレールにくっついていますが、ミッキィは着脱が可能で着脱可能なのは繋げる時に案外便利です。両方ともレールの素材はブナ材で、幅は同じなので、ブリオとミッキィのレールを混ぜて繋げることも可能です。(ちなみにラーニングカーブ社(アメリカ製)のレールも繋がります。)ブリオとミッキィでジョイント部分の長さが少し違うため、電車を通すと少しガタガタするので、出来ればレールは1社で統一した方が良いと思います。

ブリオの方が車両や小物類の種類が豊富です。それらはプラスチックで出来ている物も多いです。

ミッキィは基本的なものは揃ってますが、車両や小物類の種類は豊富ではありません。小物類も木で出来ているものが殆どです。

強引にわけると、ブリオは種類が豊富でどんどん足していきたい人向き、ミッキィは素朴な感じが可愛いので、その素朴さを楽しみたい人向きだと思います。

木製レールの良さは子供が自分の手で自由に車両を動かせるところです。小さな手でちょこんと持ってレールの上を動かしている様子は、とても可愛いものですよ。ガタン、ガタンと言いながら走らせ、踏切ではカンカンカンカンと効果音をちゃんとつけます。電気で動くタイプのようにガーガーとうるさい音がしないところも私は好きです。ただ男の子はリアルな車両に惹かれるのでプラレールは大好きなんですよねぇ。うちのお兄ちゃんもすごくはまったのですが、車両をたくさん集めるという方向に向かって、レールを組み立てて長くじっくり遊ぶという風にはなりませんでした。レールを組み立てて何回か車両を走らせるとすぐに飽きて他の遊びをしてしまうのです。電気でグルグル回っている車両を見ているだけでは面白くないですものね。子供の自由な想像力を伸ばすということを考えると電気で動くレールセットは向いていないように思います。

木製のものはとても丈夫なので子供が乱暴に扱っても壊れたりしません。長く遊んでいると塗装が少し禿げてきたりしますが、それがまた味になります。子供からまたその子供へと受け継いでいける素敵なおもちゃです。


散らからない部屋の作り方、教えます
ヒバリ舎-整理収納でシンプルライフ
http://hibarisha.com/

カテゴリ:子供のおもちゃ(2〜3歳)

前へ | 次へ

コメントを見る(11)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ